仮想通貨

Uniswap

Uniswapとは、イーサリアムで動くDEX(分散型取引所)です。取引所に資産を預けずに自分で管理したいユーザーは、Uniswapを使って様々なトークン売買ができます。2020年5月のV2ローンチ以降は、ERC20規格トークン同士のトレードが可能になっています。

Uniswapの機能として2つ挙げられます。
1つはスワップです。スワップではトークンの交換を行うことができます。
2つめはプールです。プールでは流動性提供が行えます。

売買を行うときには必ず買いたい人と売りたい人がいます。
Binanceなどの中央集権的取引所では市場参加者が多く、取引がスムーズに約定するのに比べ、DEXでの取引は流動性が少なくて遅いというデメリットがありました。
そこでUniswapのようなAMM(Automated Market Maker)が主流になってきました。
AMMでは、予めETHやトークンをスマートコントラクトと呼ばれる場所にプールしています。そのプールを相手として取引していることになります。
ETHやトークンがたっぷり貯まったプールであるため、流動性を高く保つことができています。

ウォレット

分散型取引所に資産を預けない代わりに自分のウォレットで管理することになりますがウォレットで人気なのがメタマスクというウォレットです。メタマスクはイーサリアム系のトークンを保管するためのWebウォレットでPCとスマートフォンで利用することができます。

また、DApps(分散型アプリケーション)やブロックチェーンゲームなどと連携させることができる汎用性の高さも、魅力となり多くのユーザーに使用されています。

手数料で稼ぐ

2020年9月17日に発表されたUNIの独自トークンを400枚配布するというものです。
Uniswapではトランザクション毎に0.3%の取引手数料が徴収され、プールに多くのトークンを維持するために流動性の提供を行うと報酬として流動性提供者へ分配される仕組みになっています。

niswapが新たなバージョンとなる『v3』を5月6日に正式にローンチした。

交換できるのはイーサリアムとERC20トークンだけでビットコインやリップルは交換することができません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page