トレード分析

GBPUSD逆三尊

今回は底堅い中で売りエントリーがでたときどのような判断をすればいいのか考察していきたいと思います。

4時間足

4時間足を見ると遅行スパンがローソク足と同じく下げて逆三尊を形成し上昇しています。
ダブルトップのネックラインがレジスタンスと判断し戻り売りを検討していました。

1時間足

1時間足ではダブルトップのネックラインで買いシグナル逆行パターンの売りサインが点灯したがそのレジスタンスを上抜け4時間足+2Σまで上昇しました。

日足・4時間足では長期上昇なのでその大局観の中での1時間足逆三尊の買い圧は強かったということでしょうか?

買いシグナル逆行パターンの売りサイン点灯後赤色スパンが陽転し上昇していく相場について解説しているのでよかったら読んでみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page