トレード分析

MACD

Moving Average Convergence and Divergenceの頭文字をとってMACDといわれている。
MACDは「MACD」と言う線と「シグナル」と言う線の2本の線で構成されてトレンドの方向性や転換点を把握するのに使われる。

MACD

2本の移動平均線の差。一般的には12日移動平均線と26日移動平均線の差を1本の線で表している。12日と26日の設定は考案者のオリジナルの数値。

シグナル

MACDの移動平均線。一般的には9日の移動平均線。9日の設定は考案者のオリジナルの数値。

トレンドの判断

「MACD」が0ラインよりも上にあるか下にあるかを確認することでトレンドの判断ができる。

  • 0より上であれば上昇トレンド(12日移動平均線が26日移動平均線より上)
  • 0より下であれば下落トレンド(12日移動平均線が26日移動平均線より下)

トレンドの転換の判断

MACDが天井を付けピークアウトしたときは上昇トレンドが終わった可能性がある。
これは長期線から大きく上に離れていた短期線との差が縮小しているということ。

https://www.iwaicosmo.net/tool/chart_dojo/third/index.html

売買シグナル

MACDがシグナルを上抜いた(ゴールデンクロス)
          ⇩
        買いシグナル

MACDがシグナルを下抜いた(デッドクロス)
          ⇩
        売りシグナル

注目

コンバージェンス

株価が安値を更新しているがMACDが安値圏で安値を更新できず右肩上がりの傾向を示している
          ⇩
        買いシグナル

ダイバージェンス

株価が高値を更新しているがMACDが高値圏で高値を更新できず右肩下がりの傾向を示している
          ⇩
        買いシグナル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page