仮想通貨

DApps

Dappsとは(Decentralized application)の略で、分散型アプリと呼ばれています。
ブロックチェーン上でソフトウェアを動作させる仕組み「スマートコントラクト」を応用したもの

スマートコントラクトについては下記記事をご参照ください。

DeFi(分散型金融)について DeFiとは、パブリックブロックチェーン上に構築された分散型の金融エコシステムのことを指す。一般的にはイーサリアム上に構築されたプロト...
  • g

イーサリアムのスマートコントラクトを応用してDapsが増えていった。

Dappsの事例

マイクリプトヒーローズ(マイクリ)

The Sandbox

仮想空間に土地を買う。

Etheremon

イーサエモンは2019年6月に開発が一時停止されました

Dappsを使う

Dappsを利用するには暗号資産が必要になります。例えばイーサリアム基盤のDappsなら、手数料(Gas)支払いのため暗号資産としてのイーサリアム(ETH)を用意することになります。

中国では、スマートコントラクト、Dappsを利用できる暗号資産・ブロックチェーンとしてEOSが支持されています。EOSは「イーサリアムキラー」と呼ばれるほどその機能性が優れています。イーサリアムと比べ処理速度が速いという点に加え、汎用的なC/C++でスマートコントラクトを開発できる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page