トレード分析

ASTRの最新ニュース

ASTRは、2022年に立ち上がった比較的新しいプロジェクトです。

ここでは、ASTRの最新ニュースを見ていきます。

ArthswapのIDO

2022年4月15日には、ArthswapのIDOが公開されました。

Arthswap
アスターネットワーク上の分散型取引所(DEX)

ARSWは、Arthswapで用いられるネイティブトークンです。

ARSWのトークンセールは、2022年4月16日より開始されています。

今後、Arthswapで開催されるイベントやプロジェクトトークンの獲得権利、プロジェクトの連携、デュアル間インニングなどにARSWが活かされる予定とされています。

なお、今回のIDOに利用できる仮想通貨はASTRだけでなく、USDCやUSDTも対象です。

しかし、ASTRの利用では20%割引の恩恵が受けられます。

IDO完了後徐々にARSWが配布される見通しで、ASTRへの注目度も高まるのではないかと予想されています。

JPYCがアスターネットワークに対応

2022年4月18日には、日本円とペッグしたステーブルコインであるJPYCがアスターネットワークに対応したことが発表されました。https://twitter.com/jcam_official/status/1515873137640247296?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1515873137640247296%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fcoinpost.jp%2F%3Fp%3D341491

JPYCはこれまでにイーサリアムやポリゴンなど計5種類のネットワークに対応しており、アスターネットワークで6例目となります。

また、今回アスターネットワークに対応した事で、プレゼントキャンペーンも開催中です。

4月18日よりJPYC販売所でJPYC on Astar Networkを購入した方限定で、先着1万名に1ASTRが配布されるというキャンペーンになっています。

GameFiプラットフォームとの提携

2022年4月13日には、GameFiプラットフォームを開発する「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.」がアスターネットワークと提携することを発表しました。

アスターネットワーク上で、GameFiのコンテンツが拡大されると大きな期待が寄せられています。

GameFi
ゲーム(Game)とDeFiをかけ合わせた造語。NFT基盤のブロックチェーンゲームであり、ゲームをプレイすることで収益化ができる。

Digital Entertainment Asset Pte. Ltdが運営するゲームには、トレーディングカードゲームやコインプッシャーゲームなどがあり、2022年3月時点で世界230万人を超えるユーザーが利用しています。

今後は、ディープコインをアスター上のブロックチェーンにブリッジして流通を拡大、その後GeemFiやNFTマーケットプレイスの展開が行われていく方針です。あわせて読みたい【国内初上場】仮想通貨DEP(DEAPcoin/ディープコイン)とは?今後の見通しや予想、将来性を徹底解説!仮想通貨DEP(ディープコイン)は、GameFiやNFTマーケットプレイスを提供する各サービスで利用可能な仮想通貨です。 各コンテンツ・サービスでは自然な日本語が表示され、…

仮想通貨 Astar Network(ASTR)とは?

引用:Astar Network(ASTR)公式HP
通貨名Astar
ブロックチェーンAstar Network
ティッカーシンボルASTR
現在の価格(2022年4月現在)¥30.41
時価総額(2022年4月現在)¥63,078,529,089
公式サイトhttps://astar.network/

引用元:CoinMarketcap.com

Astar Network(ASTR)とは、Stake Technolosies社が開発するパブリックブロックチェーンです。

Astar Network(ASTR)は、異なるブロックチェーンを相互運用可能にし、ポルカドットをより強化させることのできるブロックチェーンとなっています。

ポルカドット自体は「ブロックチェーンの接続機能」と「高いセキュリティ機能」を持っていますが、拡張性を司るスマートコントラクト機能は持っていません。

そんなポルカドットにおいてスマートコントラクト機能を提供するのがAstar Network(ASTR)です。

そのため、Astar Network(ASTR)は、ポルカドットの「スマートコントラクト・ハブ」とされ、Web3.0時代を牽引するブロックチェーンとも言われています。

2022年1月17日にメインネットを立ち上げたばかりですが、Huobi GlobalやGate.ioなどの海外取引所に上場しており、大きな注目を集めています。

仮想通貨 Astar Network(ASTR)の特徴

日本発のブロックチェーン、Astar Network(ASTR)には5つの特徴があります。

ここでは、Astar Network(ASTR)の特徴について解説していきます。Astar Network(ASTR)の5つの特徴

  • ポルカドットのパラチェーンの1つ
  • DeFiに関連するプロジェクト
  • 日本人が携わる数少ないプロジェクト
  • ステーキングが可能
  • ほぼ同じ機能を持つ仮想通貨 Shiden

ポルカドットのパラチェーンの1つ

パラチェーン
引用元:https://docs.astar.network/ecosystem/polkadot

Astar Network(ASTR)最大の特徴は、ポルカドットのパラチェーンの1つということです。

パラチェーンとは、ポルカドットに接続するブロックチェーンのことを指しています。

ポルカドットに接続できるブロックチェーンは100個までと決められており、それ以上は接続できません。

この100個の枠は、スロットと呼ばれパラチェーンオークションによって決められます。

Astar Network(ASTR)は、2021年12月3日にパラチェーンオークションでスロットを勝ち取り、世界で3番目にスロットを獲得しています。あわせて読みたい仮想通貨ポルカドット(Polkadot)とは?特徴と今後の予想/見通しを解説ポルカドットは2020年8月に上場したばかりの比較的新しい仮想通貨ですが、2021年に入って急騰しており、今非常に注目を集めている仮想通貨のひとつです。 その後、2021…

DeFiに関連するプロジェクト

スマートコントラクト

前述しましたが、ポルカドット自体にはスマートコントラクト機能がなく、DeFi等に関連するプロジェクトを実行できません。

しかし、スマートコントラクト機能のあるAstar Network(ASTR)が、ポルカドットのパラチェーンとなることでDeFi等に関連するプロジェクトに対する需要を満たすことができます

また、Astar Network(ASTR)はEVMとWASMの両方に対応しています。

そのため、イーサリアム上で作成したスマートコントラクトを簡単に移植することができ、ポルカドット上で新しいスマートコントラクトを構築することも可能です。あわせて読みたいDeFiとは?仮想通貨の稼ぎ方・始め方と今後の将来性をわかりやすく解説今回は、Defiの仕組みや投資・レンディングを利用して収益を得る方法について詳しく解説していきます。 これからDefiを活用して収益を得ていきたいと考えている方は、是…

日本人が携わる数少ないプロジェクト

Astar Network(ASTR)は日本人が携わる数少ないプロジェクトです。

渡辺創太氏が代表を務めるStakeTechnologies社が中心となって、Astar Network(ASTR)の開発が行われています。

StakeTechnologies社は、シンガポールに拠点を移していますが、日本人が関わっていることには変わりありません。

日本発ブロックチェーン技術はさまざまありますが、ここまで世界から支援されているプロジェクトは過去にはありませんでした。StakeTechnologiesのサポーターや後援者の一例

  • BINANCE
  • Huobi
  • Microsoft
  • web3 foundation grants program

ステーキングが可能

ステーキング

Astar Network(ASTR)では、ステーキングが可能です。あわせて読みたい仮想通貨のステーキングとは?やり方・メリットから税金まで徹底解説!ステーキングは特定の仮想通貨を保持することでリターンとして仮想通貨を得ることができるという仕組みです。 そのメリットの高さから市場から新たな仮想通貨の増やし方…

ただ、Astar Network(ASTR)が提供するステーキングは「dAppsステーキング」と呼ばれ、従来のステーキングとは少し違います。

従来のステーキングは、コインを一定期間預けて金利に近い感覚で報酬を得る仕組みです。

しかし、dAppsステーキングはAstar Network(ASTR)上にある、スマートコントラクトプロジェクトにASTRをステーキングすることで、ユーザーは報酬を受け取ることができます。

4月20日現在、dappsステーキングは本格的に開始されており、第一弾のステーキング先としては以下が存在します。

ほぼ同じ機能を持つ仮想通貨 Shiden

ポルカドットのカナリアネットワークであるクサマのパラチェーンにShidenという仮想通貨があります。

ShidenはAstar Network(ASTR)とほぼ同じ機能を持ち、渡辺創太氏が中心となって開発した仮想通貨です。

Astar Network(ASTR)とShidenは姉妹プロジェクトとして知られています。

Astar Network(ASTR)はポルカドットで、Shidenはクサマでスマートコントラクトハブを目指して行われたプロジェクトです。

ポルカドットとクサマの違い
クサマの機能はポルカドットとほとんど同じですが、クサマの規模はポルカドットの約10分の1とされており、実験的なブロックチェーンとされています。
クサマは
参入障壁も低いため、ポルカドットの実験として使用されることが多くなっています。

ASTRのステーキング方法

次に、ASTRのステーキング方法を解説していきます。

現在話題のASTRを盛り上げたい、ステーキングによる報酬を獲得したいという方はぜひ参考にしてみてください。

海外取引所でASTRを取引

ステーキングをするには、ASTRを保有しておかないといけません。

ASTRは2022年4月現在、国内取引所では扱っておらず海外取引所でしか扱っていません。

Binance(バイナンス)
Gate.io(ゲート)
Huobi Global(フォビグローバル)
KuCoin(クーコイン)
Kraken(クラーケン)
BKEX(ビーケーイーエックス)

上記いずれかの取引所から取引する必要がありますが、海外取引所は法整備が未発達なため、自己責任で行うようにしましょう。

また、後術しますがASTRは500以上の量が必要となるので、それ以上のASTRを用意しておきましょう。

ポルカドットのウォレット作成

次に、ポルカドットのウォレットを作成します。

ウォレット作成は、拡張機能を使って行います。

Polkadot{.js}extentionより追加をしていきましょう。

ポルカドットの拡張機能

開いた画面から「Chomeに追加」をクリックしましょう。

拡張機能

画面右上の拡張機能項目の中に、Polkadot{.js}extentionと記載されているので、そこをクリックします。

次の画面でUnderstood, let me continueというオレンジ色の項目が表示されるので、選択して次に進みましょう。

add acount

add acountと表示された画面中央にある+をクリックします。

ニーモニック・シードという、アカウント復元に用いる12個の単語をメモしておきましょう。

この単語は重要な情報となるので、なくさないように大切に保管しておく必要があります。

メモが完了したら、確認事項にチェックを入れて「Next Step」をクリックします。

次の画面で、アカウント情報を入力します。

  1. アカウント名
  2. パスワード
  3. 入力後にクリック

アカウント名とパスワードは任意で設定しますが、大切な情報となるので、忘れないように記録しておきましょう。

最後に、画面下のAdd the account with generated seedをクリックすれば完了です。

Astar Apps Portalにアクセスする

次は、Astar Apps Portalにアクセスをします。

ポルカドットウォレットの接続

画面左側に、「ポルカドット」のウォレットが表示されるので、クリックして接続していきましょう。

接続できない場合の対処法
①再度ポルカドットの拡張機能を開く
②ユーザー名の右にある3つの・をクリック
③Allow Use Or Chainを選択
④再度、Astar Apps Portalからウォレットの接続をする

Native accountに表記されるアドレスにASTRを送金

ポルカドットの接続が完了すると、以下のような画面が表示されます。

Native accountに表記されるアドレスにASTRを送金

Native accountのすぐ下に、送金用のアドレスが記載されているので、海外取引所から取引したASTRを送金します。

アドレスが少しでも間違えていると、送金したASTRはすべて消えてしまう可能性があるので注意です。

送金をする際は、最初にすべての額を送金するのではなく、試しで少額の送金をしてから行いましょう。

DappStakingにアクセス

送金が完了したら、Astar Apps Portalの左にあるdApp Stakingをクリックします。

dApp Staking

次の画面で、ステーキング対象のアプリが複数表示されます。

この中から、ステーキングしたいアプリを選択して「Stake」をクリックしましょう。

アスターネットワークのステーキング

ASTRの最低量は500と決まっているので、500以上の量を入力しておきましょう。(2022年4月時点で1万5000円ほど)

最後に、接続したポルカドットのウォレット画面が開くので、パスワードを入力して承認すれば完了です。

ASTRをメタマスクに送金する方法

次は、ASTRをメタマスクへ送金する方法について紹介します。

メタマスクは仮想通貨を保管するウォレットですが、取引して手に入れたASTRも保管する事が可能です。

手順を見ていきましょう。

海外取引所からASTRを取引する

まずは、メタマスクに送金するためのASTRを取引します。

ASTRは国内取引所での取り扱いがないので、以下のような海外取引所を経由しましょう。

ASTRは2022年4月現在、国内取引所では扱っておらず海外取引所でしか扱っていません。

Binance(バイナンス)
Gate.io(ゲート)
Huobi Global(フォビグローバル)
KuCoin(クーコイン)
Kraken(クラーケン)
BKEX(ビーケーイーエックス)

上記いずれかの取引所から取引する必要がありますが、海外取引所は法整備が未発達なため、自己責任で行うようにしてください。

ポルカドットのウォレットを作成

次に、ポルカドットのウォレットを作成していきます。

ウォレット作成は、Googleの拡張機能へ追加することが可能です。

Polkadot{.js}extentionより追加をしていきます。

ポルカドットの拡張機能

開いた画面から「Chomeに追加」をクリックしましょう。

拡張機能

画面右上の拡張機能項目の中に、Polkadot{.js}extentionと記載されているので、そこをクリックします。

次の画面でUnderstood, let me continueというオレンジ色の項目が表示されるので、選択して次に進みましょう。

add acount

add acountと表示された画面中央にある+をクリックします。

ニーモニック・シードという、アカウント復元に用いる12個の単語をメモしておきましょう。

この単語は重要な情報となるので、なくさないように大切に保管しておく必要があります。

メモが完了したら、確認事項にチェックを入れて「Next Step」をクリックします。

次の画面で、アカウント情報を入力します。

  1. アカウント名
  2. パスワード
  3. 入力後にクリック

アカウント名とパスワードは任意で設定しますが、大切な情報となるので、忘れないように記録しておきましょう。

最後に、画面下のAdd the account with generated seedをクリックすれば完了です。

Astar Apps Portalにアクセスする

次は、Astar Apps Portalにアクセスをします。

ポルカドットウォレットの接続

画面左側に、「ポルカドット」のウォレットが表示されるので、クリックして接続していきましょう。

接続できない場合の対処法
①再度ポルカドットの拡張機能を開く
②ユーザー名の右にある3つの・をクリック
③Allow Use Or Chainを選択
④再度、Astar Apps Portalからウォレットの接続をする

Native accountに表記されるアドレスにASTRを送金

ポルカドットの接続が完了すると、以下のような画面が表示されます。

Native accountに表記されるアドレスにASTRを送金

Native accountのすぐ下に、送金用のアドレスが記載されているので、海外取引所から取引したASTRを送金します。

アドレスが少しでも間違えていると、送金したASTRはすべて消えてしまう可能性があるので注意です。

送金をする際は、最初にすべての額を送金するのではなく、試しで少額の送金をしてから行いましょう。

MetamaskにAstarのRPCを設定

次に、MetamaskへAstarのRPCを設定していきます。

MetaMaskを導入していない方は、まずMetaMaskとは?記事を参考に、Googleの拡張機能へ追加しておきましょう。

まず、Astar Apps Portalの画面右上にあるウォレット情報を選択後、アカウントの画面でポルカドットチェーン項目にある「変更」をクリックしましょう。

Wallet情報

その後、各ウォレットの項目が表示されるので、その中からMetaMaskを選択します。

MetaMaskにログイン

MetaMaskのパスワードを入力して「ロック解除」をクリックしましょう。

その後、接続したいMetaMaskアカウントを選択して「次へ」をクリックします。

署名の要求と接続確認をすれば、MetaMaskへの接続完了です。

MetaMaskへ送金をする

上記手順が完了したら、MetaMaskが下のように表示されています。

MetaMaskの画面

この時、画面の1番上がAstar Network Mainnetになっていることをよく確認しておいてください。

Account1という箇所のすぐ下にあるのが、MetaMaskのウォレットアドレスです。

このアドレスをコピーorメモした状態で、再度Astar Apps Portalに戻りましょう。

Astar Apps Portalに再度入る際は、先ほどMetaMaskに切り替えた時と同様、ポルカドットのウォレットに切り替えておきましょう。

ASTRの送金

Assets画面に移動し、画面中央にあるASTRの「Transfer」をクリックします。

次のような画面が表示されるので、以下の手順で送金を行いましょう。

  1. MetaMaskのウォレットアドレスを入力
  2. 送金するASTRの量を入力
  3. Confirmをクリック

その後確認画面が表示されるので、同意をすれば送金完了となります。

アドレスの入力間違いをしてしまうと、すべてのASTRが消滅してしまう恐れがあるので注意しましょう。

なお、MetaMaskにASTRの追加を行わずに送金してしまうような、順番間違いにも注意してください。

仮想通貨 Astar Network(ASTR)の今後の見通し

ここでは、Astar Network(ASTR)の今後の見通しとして、注意が必要なことについて3つ解説しています。Astar Network(ASTR)の今後の見通し

  • ETH2.0のアップデート状況
  • ポルカドット全体の開発状況
  • 草コインなので値段は不安定

ETH2.0のアップデート状況

ETH2.0のアップデート状況によっては、Astar Network(ASTR)が大きな影響を受ける可能性があります。

ETHは「スケーラビリティ問題」という大きな問題を抱えています。

スケーラビリティ問題とは、取引量が膨大になるにつれてネットワークが混雑しトランザクションの遅延が起きることです。

遅延が起きてしまうと、トランザクションを実行するための手数料が高くなります。

そこでETH2.0のアップデートでは、スケーラビリティ問題の改善を行う予定です。

現在、スケーラビリティ問題は完全には改善されていない状態です。

ですが、問題が解決した場合は、ポルカドットの優位性が低くなり、Astar Network(ASTR)の価格も下がる可能性があります。

ポルカドット全体の開発状況

Astar Network(ASTR)の価値はポルカドットの開発状況によっても左右されます。

なぜなら、Astar Network(ASTR)はポルカドットのパラチェーンだからです。

ポルカドットが中心となり、その他のブロックチェーンがポルカドットの周りに繋がっています。

言わば、ポルカドットは親会社のような立ち位置です。

親会社がダメになると周りにいる子会社は潰れてしまいます。

それと同じように、Astar Network(ASTR)がとても良い運営を行なっていたとしても、ポルカドットの開発がうまくいかないと、Astar Network(ASTR)の価値も下がる可能性があります。

現在のところはポルカドットエコシステムは順調に開発が続いており、特段心配することはありません。

ポルカドット自体はビットフライヤーから購入できますので以下のリンクから公式サイトをチェックしてみるのが良いでしょう。

\ 1円から投資可能!/ビットフライヤーの
公式サイトはこちら

草コインなので値段は不安定

Astar Network(ASTR)は2022年1月17日にメインネットを立ち上げたばかりの草コインです。

現在は、ポルカドットのパラチェーンとして世界で3番目に接続されたと話題の仮想通貨のため、Astar Network(ASTR)の値段は非常に高くなっています。

しかし、先ほど解説したETH2.0やAstar Network(ASTR)に代わる新しいブロックチェーン技術が出てくる可能性もあります。

そうなった場合、Astar Network(ASTR)の値段は一気に下落する可能性があります。

良くも悪くも草コインなので、ASTRを購入する際は値段の不安定であることに気を付ける必要があります。

仮想通貨 Astar Network(ASTR)の今までの価格推移・動向

TradingViewより

上記画像はAstar Network(ASTR)のチャートです。

画像からわかるように青丸のところは、Astar Network(ASTR)のメインネットを立ち上げた1月17日です。

1月17日はメインネットを立ち上げたことによって価格が高騰しました。

その後は、高騰が落ち着き、価格が一時的に下落しました。

初期の高騰の大きさから、Astar Network(ASTR)への期待の大きさがわかると思います。

また1月末までAstar Network(ASTR)は価格高騰後の下落トレンドでした。

しかし、黄丸のところで底打ちした形になっているのいるので、上昇トレンドに転換したと考えられます。

今後も注目されていく通貨と思われるので、上昇する可能性は大いにあります。

DMM Bitcoinでは現在口座開設をした全員に2000円を配布していますので、ぜひこの機会に公式サイトを確認してみましょう

\全員2,000円もらえる!/DMM Bitcoinの
公式サイトはこちら

仮想通貨 Astar Network(ASTR)の入手方法は?

現在、日本国内でASTRを取り扱っている取引所はありません

国内取引所でASTRを購入出来るようになるには、時間がかかります。

ただし、どうしてもASTRをすぐに入手したいという方は、以下の手順でASTRを購入することができます。日本国内からASTRを購入する方法

  • 手順1 国内取引所でビットコインを購入
  • 手順2 海外仮想通貨取引所に購入したビットコインを送金
  • 手順3 海外仮想通貨取引所でASTRを購入

ASTRを購入するためのビットコインはDMM Bitcoinから入手できます。

DMM Bitcoin取引手数料と送金手数料が無料となっているので、結果的に他の国内取引所よりもコストを抑えてASTRを購入することが可能です。※BitMatch取引手数料を除く

ただ、海外取引所への送金は失敗すると、資産を失う可能性があります。

上記の手順でASTRを購入する際は送金ミスには十分に注意しましょう。

\全員2,000円もらえる!/DMM Bitcoinの
公式サイトはこちら

仮想通貨 Astar Network(ASTR)のまとめ

この記事では、Astar Network(ASTR)の特徴を中心にまとめました。

Web3.0には欠かせないブロックチェーンのAstar Network(ASTR)についての理解が深まったと思います。

最後にこの記事のポイントを見返してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page