トレード分析

売り目線からの転換(AUDJPY編)

4時間足

4時間足では遅行スパンがローソク足に沿って下がるシナリオを想定していました。
しかし1時間足では底堅い動きをしていて悩ましい相場でした。
1時間足で確認していきましょう。

1時間足

1時間足では赤色スパン陽転の逆行パターンの売りシグナルが点灯。
遅行スパンもローソク足高値に差し掛かっていたこともあり、売りの根拠としては十分だったのですが-2Σに支えられて再度上昇。
遅行スパンもローソク足の上を推移してきたことからポジション調整の検討は必要な状況となりました。
その後猶予期間中の高値を超え本格上昇入りしました。

しかし本格上昇入りしたものの長くは続かず大きな陰線で下げた後チャネルを形成しました。

15分足

15分足では+2Σを上抜けるローソク足によって遅行スパンが陽転したことからもう一段の上昇を考えなければいけませんでした。
ただ売り目線を捨てていなかったのは日足の+2Σが待ち構えており、これがレジスタンスになると考えていたので今回の相場も上昇は長く続かずに下落に転じました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page