米国企業

フレックスポート

フレックスポートは国際物流のプロセスを管理するSaaSビジネスを展開し、顧客として数千のブランドを抱えています。
ユニット・エコノミクスが高い理由の1つは関税手続きの自動化で下。
関税手続きは極めて複雑で頻繁にルールが変わります。
フレックスポートの運用する国際物流の統合デジタル・プラットフォームではAIを活用し関税手続きを自動化しています。
アパレルのH&Mなどのグローバル企業の他、比較的規模の小さい業者も使っています。パソコン上のプラットフォームから輸出にまつわる鉄吹きができるため商社などとのやり取りが不要になり、メーターにとっては感便でコスト削減にもつながります。

フレックスっポートの提供するソフトウェアはこうした複雑な関税手続きを含めた様々な輸出の業務フローを一気通貫で管理できるようにしています。
中国から米国におもちゃを輸出した時にどの船会社を使うとコストが安いのか。輸出したおもちゃは今、どこにあって、いつ到着する見込みなのか。
それらの情報をリアルタイムで把握します。

またこのプラットフォーム上で貿易金融も手掛けています。
関税の支払いの実務では先に見込みで多めに納税して後から還付を受ける場合があります。輸出量が多いと見込みの関税支払いで資金繰りが苦しくなる荷主も多いため、還付金を受け取るまでの間、還付金相当額の資金を荷主に貸し付けるのです。
いつ、どの程度、還付金を受け取れるかはAIで予測し、貸付額や期間を自動で決定します。
荷主の与信もAIで管理しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page