日本企業

セブン&アイ・ホールディングス

セブン&アイ・ホールディングス(3382)は国内2位の流通グループで参加にはコンビニエンスストア最大手のセブン・イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカ堂、レストランのデニーズのほか

セブン銀行やロフト、赤ちゃん本舗、通信販売のニッセンホールディングスなどを擁している。

事業別売上高は国内コンビニが16%、海外コンビニが38%となっている。

セブン&アイHDの海外における売り上げは国内の2倍以上の規模を誇り、

営業利益率を見ると国内コンビニが25%、海外コンビニが4%となっており、海外コンビニは規模こそ大きいものの収益性は国内コンビニの6分の1にも満たない。

海外コンビニ事業の収益性をいかに上げるかがセブン&アイHDの次の成長のカギとなっている

2013年から2015年末まで約3年にわたって上昇を続けたがその後の3年は横ばいに変化。2019年、2020年は下落トレンドとなり、2020年8月には3000円を割り込んだ

しかし、株価はそこで急反転し鋭角に上昇を開始した。

持ち株会社として再上場した2005年の相場と、店舗純増数が約1000店というコンビニ出店攻勢で6期ぶりに最高益を塗り替えた2013年2月期の大相場以来となる。

株価上昇の引き金となったのは2020年8月に発表された米コンビニ大手スピードウェイの買収である。スピードウェイはヤク3800店のガソリンスタンド併設型のコンビニを運営しており米セブンイレブンと併せると1万4000店規模と業界2位に2倍以上の差をつける

買収額は210億ドル。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page