仮想通貨

LTC

2021年時点で時価総額11位のライトコイン。
仮想通貨の中でも2011年から存在している歴史のあるコインです。
ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題を緩和するために作られました。

Litecoin取引は通常、わずか数分で確定され、取引手数料もほぼ無視できるほどの額です。これにより、取引手数料が導入の決定要因となる開発途上国等では、Bitcoinに代わる魅力的な代替通貨となっています。

取引データを縮小して認証にかかる時間を短縮する「セグウィット(SegWit)」を導入したことにより、約2.5分おきに1ブロックが生成されます。

発行上限は8400万枚

LTCの半減期

ライトコイン(LTC)の半減期は、ビットコイン(BTC)と同様、4年に1度の周期です。
1回目の半減期を迎えたのは、2015年の7月でした。2度目の半減期が起きたのは2019年8月。この半減期に向けてライトコインの価格は約5倍近く上昇しました。半減期によって新しく供給される数量が減少するため価格上昇につながります。

LTCの日足チャート(2021/5/14)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page