トレード分析

eコマース

eコマースには大きく分けて2つのビジネスモデルが存在します。
1つ目はAmazonに代表されるような「直販型」です。直販型のECビジネスは自社で商品を仕入れ、販売します
2つ目は「マーケットプレイス型」です。マーケットプレイス型のECビジネスは自社で商品を仕入れることはせずに売り手と買い手のマッチングだけを行います
マーケットプレイス型の中には楽天市場、Yahoo!ショッピングのような「店舗出店型」のモデルとヤフオク、メルカリといった「フリマ型」の2つのモデルがあるます。

ECビジネスにおけるネット売上がどう作られるのか

Amazonのような直販型は商品を900円で仕入れて1000円で販売したとすると
ネット売上=販売額-仕入れ値

              取扱高(グロス売上)=1000円

              ネット売上=1000円

              テイクレート=10%

楽天のような「マーケットプレイス型」の場合ネット売上高は

              出店料

              売上手数料(通常、取扱高の数%)

              広告掲載料

の3つで構成されます
ECビジネスは他のビジネスに比べて強者がより大きな市場シェアを取ることが起こりやすい
直販店型は取扱高が大きくなればなるほど仕入れ元から大量に仕入れることになるためボリュームディスカウントで仕入れ値が下がります
仕入れ値が下がれば販売価格を下げることができるので同じ商品を競合他社より安く販売できて、さらに多くの商品を販売することができます
このように直販型のECビジネスは「規模の経済」で強者が決まっていきます
一方でマーケットプレイス型は出品者が増えると出品数が増え、ユーザーから見た場の魅力も増すため購買者が増え、取扱高が増えていきます
取扱高が増えると出品者から見てさらに場の魅力が増すため、ますます出品者が増えていくというわけです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page