トレード分析

逆三尊右肩における逆行パターンの売りサイン

週足

週足の環境認識は背景薄赤色の長期下落トレンド。
遅行スパンが陰転していることも売り優勢の印。

日足

日足では逆三尊を形成しており、右肩では逆行パターンの売りサインが点灯していました。

ポイント

長期下落トレンドにおける逆行パターンの売りサインには逆らわない

4時間足

4時間足においては本格上昇で再度日足の+2Σを試すも超えられず、+1Σとセンターラインを下抜け。
さらに遅行スパンがローソク足にぶつかるところでもサポートされずに本格下落となりました。

1時間足

赤色スパン陽転時において4本目で高値を付けて緩やかに下落してきたもののそのままセンターラインを下抜け。
遅行スパンもローソク足にぶつかっても上昇していけないところを見ると上値は重かった。

買いでポジションを持っていたとしたらセンターライン下抜けでポジションを減らし、15分足猶予期間中の安値下抜けで損切がベストな立ち回りと思われる。

ポイント

センターラインを下抜けた
15分足赤色スパン陰転の猶予期間中の安値を-1Σを上抜けず下落

15分足

欧州時間から始まった15分足における本格下落は戻りも少なく売らせてくれない相場であった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page