株式投資

決算短信(キッコーマン)

しょうゆの最大手で国内シェア3割を握るキッコーマン(2801)

業別売上高は海外食料品卸売りが最も多く全体の42%、次が37%の国内食料品製造・販売、3番目が19%の海外食料品製造・販売

利益率では海外食料品製造・販売の21%が群を抜いて高い。海外では100円を販売すれば21円が利益になることを示している。

一方、国内は6%で海外の3分の1以下、100円売ってわずか6円しか利益にならない。

営業利益の約7割を海外しょうゆ事業で稼いでいる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page