仮想通貨

マイニングとステーキング

第三者が承認して初めて相手に送ることができる。
この第三者のことをマイナーと呼びこの作業をマイニングといいます。

コンセンサスアルゴリズム

暗号資産(仮想通貨)の取引や送金のデータは、正しいことを承認してもらい、間違いなくブロックチェーンにつなぎこまれなければいけません。法定通貨の送金であれば、その処理は中央にある金融機関が担うことになります。多くの暗号資産(仮想通貨)ではこうした中央の管理機関を持たないため、一般参加者のうちの誰かに承認の役割を割り当てて承認してもらいます。こうした承認の仕組み

PoW(プルーフオブワーク)

プルーフ・オブ・ワークは、最初に実装された暗号資産(仮想通貨)であるビットコインなどで採用されるコンセンサスアルゴリズムです。ブロックをブロックチェーンにつなぎこむのに適したパラメータを、マイナー(miner)と呼ばれる参加者が競争で計算します。計算競争に勝ち抜いたマイナーがデータ承認を行い、報酬として暗号資産(仮想通貨)を得る仕組みです。つまり、いち早く計算するだけのマシンパワーを持っているほど、この承認作業=マイニング(mining)に有利

PoS(プルーフオブステーク)

コインを持っている割合でデータのかたまりであるブロックをブロックチェーンにつなぎこむ役割を得やすくなります。

強力なマシンパワーがなくても承認権限を得ることが可能です。また、一度鋳造に成功した個人や組織への割り当て確率を減らせば、マイナーの固定化やマイニングの中央集権化をある程度抑制できます。このように、初めて誕生した暗号資産(仮想通貨)であるビットコインの運営の中で見えてきたプルーフ・オブ・ワークの問題点を解決するのが、プルーフ・オブ・ステークであると位置づけられるわけです

メリット・デメリット

プルーフ・オブ・ワークの問題を起きにくくしている

プルーフ・オブ・ステークでは、多くの暗号資産(仮想通貨)を長期間にわたって保有していた方が有利なので、短期間で売却しようと考える保有者が少ないと考えられます。そうすると、購入したい人がいても売却する人が少ないために、結果として暗号資産(仮想通貨)の流動性が高まりません。これでは、その暗号資産(仮想通貨)の実用性が高まらずに発展の妨げとなってしまいます。通貨というのは、流動性が高まり利用者が増えてこそ発展するものですが、プルーフ・オブ・ステークがそれを妨害しているわけです

PoSが実装されている仮想通貨
  • Ethereum

DPoS

Liskが採用

マイニング

ブロックチェーンネットワークに携わる「第三者」が、複数者間で共有する取引台帳に全ての整合性を取りながら記録を行っています。

ステーキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page