日本企業

キリンHD

キリンHDにおける2007年12月期から2020年12月期におけるCFの推移。
2007年12月期から2011年12月期の間、投資CFのマイナスが大きくなり、FCFもマイナスになっている期が多くなっています。
この時期、キリンHDはオーストラリアのナショナルフーズやライオンネイサン、ブラジルのスキンカリオールといった海外企業に対する積極的なM&Aを行っていました。
こうした会社への投資が大きかったためにFCFがマイナスになっていたのです。
問題は2012年12月期以降の営業CFが伸びていないことです。
これはキリンHDが海外M&A投資をその後の営業CFで回収できていないことを示しています。

結局キリンHDはスキンカリオールを2017年6月にオランダのハイネケングループへ売却し、ナショナルフーズの事業も2021年1月までに売却を完了しました。
これらの事業売却は業績不振がその理由だったと推測されます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page