オプション

オプション取引って何?

オプションはデリバティブ(金融派生商品)の一つです。

オプション取引の優位性

オプション取引を行うことで株式購入の資金よりはるかに少ない資金で何倍ものリターンを狙うことができます。

オプションと先物取引の違い

1か月後に20万円のパソコンを買う場合、先物取引ではあらかじめ定められた価格(19万円)より下がっている市場(18万円)から買った方が得だとしても契約した人は19万円で買わなければいけません。
オプションでは利益が出ないとき(19万円よりも18万円であったほうが得)は権利を行使せず18万円で買うことができます。
このようにオプション取引では市場で権利を売買します。
この権利の価格のことをプレミアムといいます。

オプション戦略

自分の戦略をもとに手法を組み合わせることができます。
・カバードコール
・ロングストラングル
・ロングコンドル  など
動いていない相場であったり、少しの資金で最大限の利益を狙いたいときなどその時に応じて様々な戦略をとることができます。

オプションには2つの価値がある

オプションには価格の値動きのほかに時間の概念がオプション価格に影響を与えます。価格の変動による価値を本質的価値、時間の経過による価値を時間価値と言います。例えば

例)本質的価値
現在日経平均株価が20000円の時19000円のコールオプションを買ってすぐ権利を行使した場合1000円の利益が得られる。
インザマネー(株価>権利行使価格)
アウトオブザマネー(株価<権利行使価格) 価値0

時間余地が大きい=時間価値が高い

ビットとオファーの考え方

ビッド:その価格で売りつける(買い手の希望価格)
オファー:売り手の希望価格

オプション価格=プレミアム
コール、プットの権利を得る際の値段

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page