トレード分析

負けないトレード(GBPUSD編)

週足

週足では7月31日の週足終値で本格上昇入り。それに伴い順行パターンの買いサインが点灯しました。その後猶予期間中につけた高値を超えられず9月7日の週足で大きく下落となりました。落ちてきた後の最初のセンターへの押しは買い場となります。細かい時間足で見ていきます。

日足

本格上昇だった日足も9月1日に上ヒゲの長い陽線となり翌日に前日安値を下回ったことで下落が加速。遅行スパンも陰転し本格下落入りとなりました。しかし、9月16日のローソク足が-1Σを上抜けたことで下値は限定的と判断します。さらに下落してきたところで売りシグナル逆行パターンの買いサインが点灯したのでここで買いで入ります。

4時間足

4時間足で確認すると-2Σを下抜けていないため底堅いことが分かります。

1時間足

実際の買いエントリーは1時間足で行います。赤色スパン陽転後の逆行パターンの買いサインで買いエントリーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

You cannot copy content of this page