トレード分析

こういうチャートは強い(AUDUSD)

逆行パターンの売りサインの高値を超えて、赤色スパンの陽転の猶予期間中の高値も超えていく相場は強い相場なため買いでついていきましょう。
下は週足のチャートです。

日足でも11月13日に逆行パターンの売りサインが点灯。11月12日に+1Σを下抜けたことで絶好の売り場となる可能性が高かったのですが、その後売りサインの高値を上抜け赤色スパンの陽転。少し下げたものの逆行パターンの売りサインの高値がサポートとなり赤色スパンの陽転の高値を上抜けています。

上昇か下落かの分岐点は11月24日の値動きです。
4時間足を見ていきます。

4時間足ではアセンディングを形成しています。
11月23日の23時からの大きな下げで遅行スパンもローソク足に沿ってそのまま-2Σを下抜けていかなかったことが買いが強い証拠。アセンディングの切り上げラインに支えられて上昇開始。

1時間足で見ると24日の0時に-2Σ下抜けで本格下落入り。
しかし、3本目で前のローソク足の高値を上抜けて6時には逆行パターンの買いサインが点灯。8時に-1Σを上抜けたことで売りではなく買いで入らなければならない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You cannot copy content of this page